看護師とは

看護師とは

「あれ、ちょっと前までは看護婦さん、だったのでは…?」そう疑問に思う方も多いと思いますが、現在では男女の区別をなくし(2002年までは看護婦は女性のみ、男性は看護士と呼称))看護師」と名称が変わっています。

 

看護師とは、法的には「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦(じょくふ)/出産後の女性)に対する療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者」と保健師助産師看護師法(略称「保助看法」第5条)に定められている通り、医師の指示の下で診察の補助をしたり、患者が入院生活を過ごしやすいように、日常生活の援助や看護を行う医療従事者のことです。

 

医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいて患者をケアします。看護師は、患者と直に接する時間が最も長い医療従事者といえるでしょう。
患者の心と体の両面をサポートし、医療行為をしやすい最適な環境を作り、看護を提供するのです。
看護師の仕事は医療にたずさわる様々な専門職の中で、最も喜びの多い仕事と言われています。

 

看護師になるには

看護師になるには、高校の看護科や、看護学校などで専門的な養成教育を受け、卒業後に国家試験に合格しなければなりません。
また、一口に「看護師」といっても、その種類は受ける試験によって3つに分かれます。
正看護師」は国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者、
准看護師」は、都道府県での試験に合格し、 知事より免許を交付された者をいいます。
また、「認定看護師」は日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、 ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者を指します。

 

いずれにしても、看護師になるためには、文部科学大臣の指定した学校や専門機関で看護に関する専門教育を受け、卒業後に国家試験などの試験に合格しなければなりません。現在では、経済上の連携に関する日本とインドネシア共和国、またはフィリピン共和国との協定に基づき、一定の条件を満たした者の受験も認められ、正看護師になるケースも出始めています。昨今では看護師の不足が問題となっており、こういった外国籍の看護婦や、看護師のアシスタント業務を行う看護助手というスタッフ(医療業務は行わない・国家資格などはいらない)もますます増えていくことが予想されます。

 

看護師求人


このページの先頭へ戻る